訪問看護師の勤務体制

訪問看護師の勤務体制としては、日勤が一般的なものとなっています。病院勤務の看護師と違い、夜勤などもなく、比較的休日も確保されていると言われています。そのため病院勤務の看護師よりも、比較的時間に余裕があるため、ダブルワークをしている人や単発のアルバイトなどを行う人も少なくないと言われています。

業務の一日の流れとしては、(都内診療所に併設している地域密着型訪問看護ステーションがモデルの場合)

  • 午前9時出勤。
    スタッフ全員で情報の共有のためにミーティング。必要物品の準備。
  • 午前訪問先が2件程度。
  • 午後12時帰社。昼食。
  • 午後訪問先が2件程度。
  • 午後5時頃帰社。
    記録の記入。記録をまとめたり、主治医やケアマネージャーへの報告書の作成など。その後カンファレンス。その日の訪問状況の申し送りをし、内容や病状について話し合い。
どの事業所においても業務の流れは、以上のようなものと、ほぼ同様と言えるようです。

午前も午後も2件程度の訪問となっており、件数だけで見れば少なく感じるかもしれませんが、その間の移動時間等を考えれば妥当な訪問件数と言えるでしょう。訪問先には近場であれば自転車やバイク、遠方であれば自動車を使用して移動することになります。

また中には24時間制の当直体制をとっている事業所もあるようです。この勤務体制を取ることで、勤務時間後の各スタッフの負担の軽減と安心が、得られるようにとの配慮からのようです。また事業所によっては、人手不足が懸念されている訪問看護師の対策として、看護師登録制なども検討しているようです。「在宅ケアに興味はあるけれど自信が無い」と言う看護師が、不安を感じることなく訪問看護が出来るように、少しずつ訪問看護をする勤務体制を作る必要があるからです。

また訪問看護ステーションに対する指導として以下のような条件が挙げられています。

  • 事業所は看護師等によって適切な訪問看護が提供できるよう、職員の勤務体制を定め、職員の資質向上を図るための研修の機会の確保に努めなくてはならない。
  • 職員の勤務体制は、月ごとに日々の体制・職務内容を定め、また兼務や非常勤の職員については、予め作成する勤務表に基づき、的確な勤務体制の確保を図る必要がある。
等とされています。

事業所によって勤務体制は変わると言えますが、より良い訪問看護を提供するために、各事業所は訪問看護師の働く体制、また研修などの環境を整える必要がありそうです。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細