認定訪問看護師とは?

認定訪問看護師とは、どのような訪問看護師を指すのでしょうか。訪問看護師になるには、最低限看護師の資格さえ持っていればなることができます。

認定訪問看護師は、地域で支える看護実践の専門家・指導者として育成され、看護現場において実践・指導・相談の三つの役割を果たすこと、また訪問看護等在宅ケアの資質向上や推進を図ることに貢献することを目的とし、訪問看護の専門的な勉強を修了、日本看護協会認定看護師認定審査を受験、合格した看護師を指します。

受験資格としては、
保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を持っていること。
上記の免許取得後、実務経験通産5年以上、うち3年以上の在宅ケア領域での看護実務経験を有すること。
医療処置、管理を要する療養者の訪問看護を5例以上担当した経験を有すること。
日本看護協会または日本訪問看護振興財団会位であること。
等が挙げられています。また必須ではありませんが、現在、在宅ケアに携わっていることが望ましいという条件も別途挙げられています。

認定訪問看護師は、医療ニーズの高い在宅療養者や障害者のケースマネジメントや専門的な看護を提供をすること、またケースマネジメント能力を活かして、訪問看護等在宅ケアの領域でリーダーシップを発揮することなどが期待されています。

学科目として、共通科目、専門基礎科目、専門科目、演習、実習があり、それぞれ時間数が決められており、総時間数は630時間になります。その期間は半年に及びます。
共通科目の主な授業内容として、看護管理、リーダー湿布、対人関係等、
専門基礎科目の主な授業内容として、訪問看護概論、在宅ケアシステム等、
専門科目の主な授業内容として、ケースマネジメント、在宅医療処置管理技術、在宅終末期ケア等
が挙げられます。

認定訪問看護師の教育機関は、
聖路加看護大学
看護実践開発研究センター
日本訪問看護振興財団
認定看護師教育課程
兵庫県看護協会
認定看護師教育課程
大分県立看護科学大学
看護研究交流センター
となり、その数は多くはないと言えるでしょう。

研修は連続した(集中した)昼間行われる教育である上に、期間も半年にも及ぶため、勤務が難しい状況になる可能性もあります。また認定看護師教育機関での学費以外にも、諸経費、つまり交通費や自宅から通学できない場合には宿泊費、その他には文具代などがかかります。中には認定看護師を目指す看護師を奨学金制度などでサポートしてくれる病院や医療施設などがあります。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細