訪問看護師の離職率

データ上、統計的に訪問看護師の離職率は高い傾向にあります。一般的には離職率が高い、つまりその仕事に対しての定着率が低いということになると、職場の環境やさらには仕事内容に対して「適正ではないのではないか」という疑いを抱くことが多いですが、訪問看護師の場合、その離職率の高さは環境が悪いとか、仕事が辛いなどといったネガティブな理由ではありません。離職理由の大半が結婚や出産など、看護師自身の人生の転機に伴った理由になっています。つまり「仕事がきつい」から辞めるわけではないということです。

とは言え、訪問看護師の「数」としてはやや不足しているのが現状で、抱える患者さんの数に対して適切な人員が確保できていないということは状況としてあります。それでも、ひとりひとりの患者さんに対して、じっくり話し合って納得してもらえるような治療を進めるというスタンスは変わりませんし、訪問先が多いからといって、看護の質を下げるなどということもあり得ません。訪問看護師として働く方は総じて意識が高く、かつ患者さんのことを本当に考えたい方が揃っています。どうしても女性が多い職場になりますので、辞めたくて辞めるのではなく事情があって辞めているのです。

データ上の離職率だけでは、訪問看護師の離職率は15パーセントあります。ただ、それはプライベートを充実させることができて、人生の一台イベントを迎えることかできる方が多いということでしょう。忙しすぎて出会いもなにもなく、ずっと仕事ばかりの生活になってしまうということではないので、結婚や出産というイベントが迎えられるのです。そのように考えると、離職率15パーセントというデータは仕事とプライベートを両立している「証」ということにもなります。

そして、そのように羽ばたいていく看護師がとても多いので、訪問看護ステーションは慢性的に人材が不足しています。これから訪問看護師になろうと考えている方にとってはとても好都合の条件が整っていると言ってもいいほど、看護師の需要が高いのです。それまでの自身の仕事に対して何か疑問を持っている方や、もっと人を見て仕事をしたいという方は、高い確率で内定を得ることができる状況にあります。

女性が多い看護師の場合、「離職率」はある意味人生の充実度合いを示すものでもあります。この数字の捉え方でその仕事に対するイメージは大きく変わってきますので、この数字が高いからといって、一概に仕事がキツいということではないということを知っておいてください。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細