訪問看護師の役割とは?

在宅療養を行っている高齢者宅を訪問し、看護を提供したり、訪問看護ステーションで看護を行う看護師のことを訪問看護師と言います。訪問看護活動は、病院や民間企業などでも実施されています。訪問看護師と言っても、看護師の国家資格があれば他に特別な資格は必要ありません。

また訪問先で行う看護も、病院勤務の看護師とさほどの違いはないと言われています。
例えば、

  • 健康状態のチェックや観察。
  • 血圧や体温、脈拍などの測定。
  • 身体の清拭。
  • 床ずれの防止・手当。
  • 入浴や排せつの介助。
  • リハビリの補助や指導。
  • 医療器具の点検、管理、状態チェック。
等が挙げられます。

しかし病院勤務の看護師と決定的に違うのは、訪問先での不測の事態に対する判断力と対応力です。訪問看護師は一人で患者宅を訪問し、患者に対する看護を提供する上、その家族にもケアが必要とされています。訪問する前にミーティングで情報を共有し、その日の対処法を医師から指示されていたとしても、必ずしもその対処法だけで済むとは限らず、何があるかわからないというのが不測の事態と言えるでしょう。そういった状況の中、正確な洞察力と柔軟な対応力が必要となります。

また医療的な知識や技術はもちろんのこと、コミュニケーション能力も不可欠となります。訪問時に患者やその家族の心の状態に気を配り、気持ちを和ませるなどが必要になるからです。また介護している家族への日常生活における指導やアドバイスもする必要があります。基本的に患者は身体を自力で動かすことが困難な高齢者が多いとされており、肉体的にも重労働の仕事であると言えます。

病院勤務の看護師と看護の質の違いは大きくはないとは言え、的確な判断力や臨機応変な対応力、高いコミュニケーション脳力が必要なことを考えれば、その役割は重責を担っていると言えるでしょう。

しかしその分患者とその家族との信頼関係は深く、やりがいが感じられる仕事なのではないでしょうか。病院にいる時とは違って、慣れた場所で和やかな様子の患者に、ナースコールなどで途切れることのない看護を提供することによって、得られた信頼関係は訪問看護師ならではの特権とも言えます。訪問看護師の役割は、患者やその家族の思いを大事にして、在宅での看護をどのように行うかです。「実はこれが簡単なようで難しい。」と訪問看護師としての経験者が漏らしていますが、これも訪問看護師ならではの悩みの反面、やりがいにつながるものだと考えられます。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細