訪問看護師の転職のポイント

訪問看護師として転職するには、何かポイントがあるのでしょうか?

看護師として長年経験を積んできたものの、訪問看護師は未経験。そういった看護師の中には「在宅ケアは大変そう。」という印象が強いかもしれません。しかし「医療機関や施設でケアを行っていることと、大きな違いはない。」というのが実情のようです。病院とは違う住み慣れた場所で、リラックスした患者とコミュニケーションを図ることもでき、またナースコール等で中断することのない看護を提供できるのは、在宅ケア、訪問看護師の醍醐味と言えるかもしれません。先入観や固定概念、一部の訪問看護師からの話で訪問看護師を避けているという看護師が多いのが実情のようです。訪問看護師が未経験でしたら、その先入観や固定概念から脱することが第一のポイントと言えそうです。

また現在訪問看護師として活躍している看護師が、転職を考えるにはどういったポイントが挙げられるでしょう。例えば収入に不満があったり、ライフスタイルの変化で勤務の条件が変わったりということが考えられるかもしれません。

最近では在宅で療養する患者も増えてきました。そこで訪問看護師のニーズも年々増加しています。一度看護師の就職・転職サービスを利用し、検討するのも一つのポイントと言えるでしょう。訪問看護師は働き方によっては、一般の看護師よりも働きやすい環境にあるとも言えます。

一例を挙げると、都内、診療所に併設している地域密着型訪問看護ステーションがモデル。(しかしおおよその業務の流れはおおよそどこでも同じと言える)
午前9時に出勤、スタッフ全員で情報の共有のためにミーティング、必要物品の準備。
午前訪問先が2件程度。
午後12時帰社。昼食。
午後訪問先が2件程度。
午後5時頃帰社。
記録の記入。
記録をまとめたり、主治医やケアマネージャーへの報告書の作成など。
その後カンファレンス。
その日の訪問状況の申し送りをし、内容や病状について話し合いを行います。

一人で訪問看護を行う場合は、洞察力、判断力などが必要となり、責任を重く感じることもあるかもしれません。しかし一方で夜勤なども多くはなく、ライフスタイルの変化にも適応しやすいと言えるかもしれません。

いずれにしても、訪問看護師として転職するポイントは、たくさんの募集案件を収集し、自分にとってどんな働き方が合っているのか、充分に吟味した上で、納得する職場に転職するという点にありそうです。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細