訪問看護師の独立・開業

訪問看護師が独立して、訪問看護ステーションを開業する場合、4つのポイントに留意する必要があります。1つ目のポイントは、看護師の資格だけでは開業することができないということです。訪問看護ステーションは、法人格を取得して、会社として設立する必要があります。訪問看護ステーションを開業するためには、そこではたらく人員の確保をする必要もあるので、看護界の人脈をいかして人員を確保し、訪問看護をすることができる環境を整えてからでないと、開業することができません。衛生面での基準もクリアすることが求められるので、経営者としての手腕と、訪問看護師としての手腕が求められます。

2つ目のポイントは、主な収入源は介護保険からの収入となるため、利用者を増やす努力を惜しんではいけないということです。利用者が増えなければ、自分のお給料はもちろん、雇っている訪問看護師にお給料を払うことができなくなってしまいます。看護師のお給料の水準は20万円から40万円なので、はたらいてもらう訪問看護師の方にもそれくらいのお給料を支払わなければなりません。

では、利用者を増やすための努力とは、具体的にどのようなことを行う必要があるのでしょうか。それは、ケアマネージャーをはじめとする地域の診療所や病院へのあいさつまわりです。在宅医療の必要性をしっかりと語り、訪問看護の重要性を訴えていくことが必要です。また、病院の先生などにしっかりとあいさつまわりをしておくことで、退院後に訪問看護として迎える患者さんの打ち合わせなどもスムーズに行うことができるようになります。

3つ目のポイントは、人員を確保する際には、現在はたらいている看護師の方だけでなく、復職を希望している看護師にも目を向けるということです。看護師の資格を持っている方の中には、現役でバリバリに病院で活躍している方もいらっしゃいますが、様々な事情で休職している方もいらっしゃいます。休職している方の中には、看護師としての復帰を考えているけれども、ブランクがあって中々踏み出せていないという方もいらっしゃるので、そういった方に目を向け、一緒に始めようと声をかけることが大切です。

4つ目のポイントは、訪問看護事業だけでなく、介護事業にも目を向けるということです。訪問看護を行ったことによって症状が回復した場合でも、その後に介護を必要とする場合があります。一人の患者さんに継続的に関わっていくことができるように、1つの訪問看護ステーションで看護から介護に移行することができる仕組みがあれば、信頼と実績が自然とついてくるようになります。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細