訪問看護師の業務・仕事内容

訪問看護師の業務としては、病院勤務の看護師の仕事の内容と大差はありません。

  • 血圧や体温、脈拍などの測定。
  • 身体の清拭。
  • 床ずれの防止や手当。
  • 入浴や排せつの介助。
  • リハビリの指導。
等が挙げられます。
しかし病院勤務の看護師と決定的に違うのは、おおむね一人で在宅療養している患者宅に向かい、看護を提供する点にあります。

そのために不測の事態に対する判断力と対応力が不可欠となります。訪問する前にスタッフとミーティングで情報を共有し、その日の対処法を医師から指示されていたとしても、必ずしもその対処法だけで済むとは限らず、何があるかわからないというのが、不測の事態と言えるでしょう。そういった状況の中で、正確な洞察力と柔軟な対応力は必要不可欠となります。

また看護師としての医療的な知識や技術はもちろんのこと、コミュニケーション能力も不可欠となります。患者はもちろんのこと、患者の家族に対してのケア、つまり心の状態に気を配り、気持ちを和ませることなどが必要になるからです。また介護している家族への日常生活における指導やアドバイスもする必要があります。

訪問看護の利用者は寝たきりの状態の人、脳卒中などの影響でリハビリが必要な人など、様々です。それら様々な利用者(高齢者が大多数を占める)に対して、適切な看護を提供するのが、訪問看護師の業務となります。

業務の一日の流れとしては、

  • 午前9時出勤。
    スタッフ全員で情報の共有のためにミーティング。必要物品の準備。
  • 午前訪問先が2件程度。
  • 午後12時帰社。昼食。
  • 午後訪問先が2件程度。
  • 午後5時頃帰社。
    記録の記入。記録をまとめたり、主治医やケアマネージャーへの報告書の作成など。その後カンファレンス。その日の訪問状況の申し送りをし、内容や病状について話し合い。都内の診療所に併設している地域密着型訪問看護ステーションがモデルですが、どの事業所においてもおおよその業務の流れは、以上のようなものと同様と言えるようです。

訪問先への移動は遠方の場合は車を利用することもありますが、一般的にはバイクや自転車を利用することが多いようです。午前と午後の訪問件数はそれぞれ2件程度ですが、移動時間を加味すれば、当然の件数と言えるかもしれません。

看護業務としては、病院勤務の看護師と大差はないと言えるかもしれませんが、大きな責務を負う一方、やりがいを肌で感じることができるのが、訪問看護師としての醍醐味かもしれません。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細