ブランク明けの訪問看護師求人

訪問看護師の仕事は人材が不足しています。それは、希望する方がやや少ないということに加えて、訪問看護に対する需要が増しているからです。長期に渡って療養が必要な場合、同じ医療を受けるのであれば、住み慣れた、暮らし慣れた自宅が良いという方が増えています。確かに、病院という環境が人を治すのではなく、実施する治療、そして患者さん自身の自然な回復力が人を治すので、画一化された病棟でない方が精神的に明るく前向きな気持ちを保つことができるのであれば、そちらの方がその人にとって最適な医療ということになります。

また、訪問看護師として応募を考える方がやや少ないというのも人材不足の理由のひとつとして挙げましたが、それは、「訪問」ということに対しての不安、さらには「介護士」のような仕事をするのではないかという先入観がある方がこの仕事を敬遠してしまうということが起きています。実際には、看護と介護は別のものであり、仕事もまったく違うものです。

看護師はヘルパーではなく、あくまでも自宅で適切な療養ができるようにするためのナビゲーターです。そして、専門スキルを用いて患者さんをケアする存在でもあります。「在宅治療」に対する誤解が訪問看護師に対する誤解も招いているので、正しい訪問看護師の仕事イメージを持つことが大切です。

そして、人材が不足してしまっている訪問看護ステーションでは、看護師の経験を持つ方の復帰も待望されています。一度身に染み付いた職業スキルというものはなかなか忘れないものです。ブランクがあったとしても、現場に復帰すればまたしっかりと働くことができるのが看護師の仕事なので、総合病院などでの夜勤が混在する勤務スタイルではどうしても働けないという方でも、訪問看護であれば基本的に日中の仕事になりますから、条件が合うことが多くなります。

一度身につけたスキルは自身の財産です。自身がどのようなことで社会に貢献していくのか、どのような仕事で社会と関わるのか、そのようなことを考えていくと、看護師の資格があり経験がある方がくすぶるのは「勿体無い」ということに尽きます。ブランク明けでも訪問看護師求人ではOKとしているところが多いので、そのような求人を見かけたら是非検討してみてください。就労条件が合わないだけで資格と能力が眠ったままというのは本当に勿体無いことです。そのスキルと経験を待っている患者さんがたくさんいるということを意識として持っておいてください。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細