訪問看護師の仕事の服装について

訪問看護師として働く時に、どういった服装が好ましいのでしょうか。また看護師と言えば、病院勤務の看護師は白衣を着ていますが、訪問看護師は白衣に代わる服装があるのでしょうか。

訪問看護で看護を提供する場合には、患者は高齢で自力で動くことが困難なことも多く、訪問看護師にとっては、肉体的にも負担が多いと考えられます。

事業所によって違いはありますが、一般的に清潔感があり、動きやすく、伸縮性のあるポロシャツやジャージなどを着用し、スカートやキュロットなどよりも圧倒的にパンツを着用する場合が多いようです。訪問看護師の服装としての機能性はもちろんのこと、きちんとした印象、すっきりとしたシルエット、看護を提供する人々に好感を与える服装が望ましいと言えます。色はパステルカラーが患者さんに優しい印象を与えると言われています。また靴にはスニーカーが用いられるのが一般的です。訪問先までの移動を考えれば当然と言えるでしょう。

ポロシャツやジャージなどは、事業所ごとにユニフォームとして用意されて着用する場合もあれば、自前のものを着用する場合もあるようです。個人で用意する際には、清潔で利用者を不快にさせるようなものは避けるよう、気をつける必要があると言えるでしょう。

その他に入浴介助用ユニフォームもあります。入浴介助で最優先する必要があるのは安全性です。濡れても安心な多機能ウエアであれば、気持ちよく快適に看護を提供することができます。水をはじいて通さない特殊素材採用の入浴介助用ウエアなどは、エプロンが必要なく画期的なウエアでおすすめです。一般的に形は短パンが多いようです。

訪問看護のユニフォームは、機能的な作りである必要があります。

  • 四季を通して着用して快適であること。
  • それぞれの家庭によって室温が様々なため、限られた時間の中で自分の体温を素早く調整ができること。
  • 入浴介助の準備をする際に、スピーディーに着脱できること。
等が挙げられます。また周囲の環境にしっくりと馴染むこともウエアの大切な要素です。

事業所ごとのユニフォームは、訪問看護を利用する人からも「私服だと誰か分からないが、ユニフォーム姿は遠くから見ても目立つので、外出先で見かけても気がつき、声が掛けやすい。」と好評な上、親しみや信頼、看護する人の真摯な思いが感じられるようです。ユニフォーム着用時、訪問看護師として気持ちを引き締め、緊張感を持って仕事に臨むことができるように心掛けることが大切です。

訪問看護師求人サイト・最新口コミ人気ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細